ホーム > 伝統工芸 > ”鉄道好きだからこそ作れた” 職人と何日も夜中まで突き詰めたブルートレイン・テールマーク柄・御朱印帳 [太田商店:京都府]

”鉄道好きだからこそ作れた” 職人と何日も夜中まで突き詰めたブルートレイン・テールマーク柄・御朱印帳 [太田商店:京都府]

有限会社太田商店 専務取締役 太田幸典様 京都府出身

国の伝統的工芸品に指定されている高級絹織物の「西陣織」。着物や帯など織物に興味が無い人でも、一度は西陣織の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

西陣織は、正絹のなめらかな光沢と柔らかな手触り、そして美しいデザインが特徴の高級絹織物。今回ご紹介する「ブルートレイン・テールマーク柄・御朱印帳」には、かつて鉄道ファンの憧れだった寝台列車「ブルートレイン」のテールマークが、西陣織によって精密に描かれています。

この御朱印帳を製造・販売しているのは、京都の西陣にある有限会社太田商店です。今回は、専務取締役の太田幸典さんに、西陣織に対する想いや「ブルートレイン・テールマーク柄・御朱印帳」商品開発のきっかけなどを伺いました。

伝統工芸であってもニーズがないなら無くなってもいい

太田商店があるのは京都市上京区。西陣織発祥の地で、織物産業が盛んな西陣と呼ばれる地域です。太田商店の創業は平成7(1995)年。繊維会社に勤めていた太田幸典さんのお父様が、取引先の要望もあって個人商店としてスタートしました。当時、幸典さんは大学を卒業し、大学院生として大学に残っておりましたが、突然のお父様の創業によって、手伝わざる負えない状況になって、西陣織の世界に飛び込んだとのこと。

その時の幸典さんには、西陣織に対して特別な想いはなかったそうです。そして今も「西陣織は、伝統工芸として後世に残さなければならないとよく言われるが、ニーズがあるなら残ればいいし、不要ならこの世から無くなってもいいと思っている」と仰っています。

西陣織の新たなニーズを追いかける

もし不要なら、西陣織が無くなってもかまわないという幸典さんですが、「西陣織のニーズが、どこにあるか分からないので、ずっと追いかけています」と楽しそうに話してくれました。太田商店では、「若い人が西陣織を評価して、日常的に使うきっかけになってほしい」と、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のオリジナルグッズでがま口、ポーチ、名刺ケースを製作。予定数が2日連続で5分で完売して話題になったこともあります。

鉄道ファンの憧れだったブルートレインを西陣織に

「ブルートレイン・テールマーク柄 御朱印帳」は、そもそも幸典さんが鉄道が好きだったことから企画した商品。鉄道に乗って全国の神社やお寺を周り、御朱印を集めたら楽しいだろうなと思って開発したそうです。「ブルートレイン・テールマーク柄 御朱印帳」の販売を開始したのは2019年11月。すぐに鉄道ファンの間で話題となり、わずか数日で完売、追加生産するほど人気となりました。幸典さんはこの商品によって、これまで西陣織とは関係ないと思われた鉄道というマーケットから、西陣織の新たなニーズを掘り起こしたのです。

職人さんと夜中まで打ち合わせ

「ブルートレイン・テールマーク柄 御朱印帳」には、あかつき・出雲・さくら・彗星・はやぶさ・富士のテールマークが、織物とは思えないような緻密さで描かれています。先染めの紋織物である西陣織にとって、設計図である紋データを作る製紋工程が一番重要です。この紋データを手がけるのが、「紋屋」と呼ばれる職人さん。「紋屋さんは実際に織れる紋にしなればならないが、自分はそのギリギリの範囲でより良いもの作りたい。この調整が難しい」と幸典さんは言います。そして、実際に紋データを作る際には立ち合っているそうです。太田商店さんでは、これまで数々の優れたデザインの西陣織商品を生み出し、西陣織大会経済産業大臣賞などさまざま賞を受賞しています。その美しく凝ったデザインを生み出すために、最初は紋屋さんと夜中まで何日も打ち合わせをしそうです。しかし、今では紋屋さんも「また来たな」という感じで、今回の「ブルートレイン・テールマーク柄」のような難しい要望に応えてくれるそう。

海外にも西陣織の魅力を伝えたい

西陣織の新たなニーズ探しは、日本国内だけでなく海外にも向けられています。幸典さんは昨年末から日本とマルタ共和国との友好や親善、文化交流を目的として設立された日本マルタ親善協会の京都本部長を務めることになりました。マルタ共和国は、地中海のほぼ中央に浮かぶ小さな島国。現在、日本からは船舶や自動車、半導体部品などの主に工業製品が輸出されていますが、幸典さんはマルタ共和国からEU圏に西陣織を広めたいと考えています。すでに、マルタ共和国の大統領と首相に、西陣織のネクタイを贈呈することが決まっていて、新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着けば、マルタ共和国に行って直接大統領と首相にネクタイをお渡しする予定だそうです。

 

「ブルートレイン・テールマーク柄」に続く第二弾として、「RED EXPRESS柄」の商品も発売され人気となっていますが、今も新たな商品の企画を考えられているそう。今後の太田商店さんから目が離せませんね。

今回紹介した商品は...

ブルートレイン・テールマーク柄・御朱印帳(西陣織)

この商品を見る

CONTACT

お問い合わせ

商品を出品したい製造業の方や、
商品を展示したい店舗の方は、
「カタルスペース」をご覧ください。