高速道路のSA・PAで出会える安全・安心・個性豊かな「和み」の味わい

ホーム > 地元を活かす > 高速道路のSA・PAで出会える安全・安心・個性豊かな「和み」の味わい

高速道路のSA・PAで出会える安全・安心・個性豊かな「和み」の味わい

ドライバーが休憩したり車の給油ができるサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)はいわば高速道路のオアシス。最近では、サービスや商品が充実した施設が増えて、グルメ&ショッピングスポットとしても人気が高まってきています。

そのような中、NEXCO東日本管内のSA・PAのサービスを行うネクセリア東日本株式会社の新しい取り組み『和みシリーズ』の販売が始まっています。

 

高速道路を通して人やものを結び、商品を開発するというコンセプト

 

ネクセリア東日本株式会社がプロデュースする『和みシリーズ』は、地場の良い素材を探して商品化していくというのが基本コンセプト。「地域で昔から作られているけれどあまり知られていないもの、新しい取り組みで生まれたものなど、生産量は決して多くないけれど、生産者さんが心を込めて作っている身体に良くておいしいものを、SA・PAで販売していくプロジェクトです。そのためにさまざまな地域、生産者さんを訪ねているところです」と新業態開発室の八矢さん。
まだ商品数はそれほど多くありませんが、今後どんどん増やしていく予定とのこと。

今回はシリーズの中から『和みの黒大豆味噌』、『和みの梅醤油』『和みのかける梅干し』『和みの梅酢』について、生産者のお話もまじえてご紹介します。

 

「和みの黒大豆味噌」

 

黒大豆といえば関西・丹波地方の特産として知られていますが、実は千葉県でも栽培されていることをご存知でしょうか。『和みの黒大豆味噌』は、丹波産と同じ最高級品種の黒大豆「丹波黒種」を使って作った味噌です。
「千葉県庁から、黒大豆の栽培に力をいれている町があって、農家さんが研究会を立ち上げて頑張っていると紹介されたのがきっかけでした」と八矢さん。早速、千葉県栄町を訪ねてみると、そこには農家さんが手作りするとびきりおいしい味噌がありました。そこから生まれた商品が『和みの黒大豆味噌』です。

利根川流域の豊かな自然に恵まれた栄町で、志ある農家さんが丹精込めて育てた黒大豆は大粒で、甘やかな旨みがぎゅっと詰まった逸品。これを贅沢に味噌にしているのが、黒大豆を栽培する農家の藤﨑賢治さんです。


ネクセリア東日本株式会社では、元々味噌を作っていた藤﨑さんとタッグを組んで、より黒大豆の量を増やしコクの深い味噌に仕上げた『和みの黒大豆味噌』を開発。
原料の黒大豆はもちろん、米、米麹も全部藤﨑さんが栽培・製造したものを使用しているので、いわば作った人の顔が見える味噌といえます。

無添加なので減塩にはできませんが、旨みが強く、しかもどんな料理に使っても味わいを引き立ててくれるのがこの味噌の特徴。藤﨑さんによると、具だくさんの豚汁などには特におすすめだそう。大豆自体の栄養も豊富で、皮ごと使っているのでポリフェノールもたっぷり摂れます。
「色が濃くて一見、塩辛そうにみえますが、そんなことはありません。SAのイベントで味噌汁にして試食してもらうと「コク深いね」「おいしい」と好評です」と八矢さん。

 

「和みの梅醤油・和みのかける梅干し・和みの梅酢」

 

100年も前から梅を栽培してきたというゆあさ農園。現在の当主・湯浅直樹さんによると、現在も約4,000坪の規模で、化学合成農薬・化学肥料・除草剤を使わず栽培、有機JASの認定も取得しているとのこと。

自然を大切にした栽培は手間もかかり、苦労が多そうですが、「梅の木がね、どんどん強くなって健康になっていくんですよ」という湯浅さんの笑顔は晴れやかです。
梅の加工品についても「添加物不使用は当たり前。梅干しは自然塩だけで漬けますが、塩は今、12種類ほど使いわけてますね」というから驚きです。

『和みシリーズ』の中の「和みのかける梅干し」「和みの梅酢」は、和みシリーズの一品として販売もしていますが、元々ゆあさ農園の人気商品です。昔ながらの方法で漬ける梅干し由来の梅酢はすっきりと冴えた味が特徴。ユニークなネーミングの「和みのかける梅干し」は、練り梅と梅酢を絶妙な割合で混ぜ合わせたもので、なんともいえないとろ~り加減が魅力です。「数え切れないほどの試作の後にたどり着いたベストのとろみにするために、年や季節によっても微妙に混ぜる割合を調整しています」と湯浅さん。梅を愛する気持ち、おいしく食べてもらいたいという気持ちがひしひしと伝わってきます。この「和みのかける梅干し」は、「ドレッシングのように使ってもらうのもいいですし、焼酎を飲む時に加えると最高ですよ!」とのこと。

『和みの梅醤油』は和みシリーズのオリジナル企画商品です。八矢さんによると、「ゆあさ農園さんの梅製品に出合って、梅醤油を作ってみたいと提案したんです。ただこれほど見事な梅ですから合わせる醤油も選ばないと…。ということでSAの近隣にあることで知っていた埼玉県の老舗、弓削多醤油に相談することにしました。それがうまくいって橋渡しができたことで「和みの梅醤油」が誕生したんです」というのが開発の経緯だそう。
群馬県のゆあさ農園の梅と、埼玉県の弓削多醤油の木桶仕込み醤油が出会って新しいおいしさが生まれたのも高速道路のネットワークならではです。
「高速道路のSA・PAで取り扱っていただくということで、初めての方にもたくさん手に取ってもらいたいですね。しっかり酸っぱくてしっかりしょっぱい梅加工品の伝統的でしかも新しい魅力を知ってもらえたら」と湯浅さん。ご子息が実家に戻って就農されたということで、ゆあさ農園のこれからにはますます注目です。

高速道路がつなぐ『和みシリーズ』は、「安全・安心」「地域性」「機能性」「希少性」のすべてをクリアした商品。今後も、より一層食の世界を豊かにしていきます。

 

商品の購入は「ドラぷらショッピング

商品をつかったレシピ集はこちら