馬の地位を向上させたい! Ccraftの馬グッズシリーズ [Ccraft:東京都江東区]

ホーム > インテリア > 馬の地位を向上させたい! Ccraftの馬グッズシリーズ [Ccraft:東京都江東区]

馬の地位を向上させたい! Ccraftの馬グッズシリーズ [Ccraft:東京都江東区]

Ccraftは馬をテーマにした雑貨のお店。ポーチやマグカップ、今では生活に欠かせないマスクなど、どれを見ても馬、馬、馬の小物たち。馬に魅せられ起業し、「馬の地位向上」をミッションとする、代表のきたいさんにお話しを伺いました。

 

 

「馬が好き!」がエネルギーの源

 

きたいさんの馬との出会いは、競馬から。お知り合いの影響で競馬に通ううちに、馬に乗りたくなってしまい、乗馬を始め、そのうち馬をモチーフとした手作り小物の販売を始めてしまったのです。きたいさんとお話しして感じるのは、その巻き込み力。起業は四年前。当時は別の会社勤めをしていました。乗馬仲間のお店の手伝いがきっかけで、デザインができる同僚と二人で始めた事業が好評で、すぐに販路が拡大。そこにアクセサリーが作れる乗馬仲間や、裁縫が得意な小学校の同級生にばったり出会って参加。まさに「意志あるところに道は開ける」を地で生きる方。今も「来た話は全部受ける!」との勢いで走り続けています。

 

 

推しポイントは千差万別。馬の魅力とは?

 

「馬が走る姿が世界で一番美しい」と言うきたいさん。馬の魅力を語りだすと止まりません。一言に馬と言っても、競走馬、乗馬、ポニーなどと、馬の種類や個性により一頭一頭が全く違います。また、馬のどこに魅せられるかも千差万別。「馬の中でも、たくましい馬が好きという人も、華奢な馬が好きという人もいます。足の筋肉、目、お尻、鼻のぷにぷになど特定のパーツに魅力を感じる人もいます。最近増えてきた競馬女子の中では、ジョッキーを応援する人も、自分の好きな『推し馬』を応援する人も、もういろいろです。」と、とてつもなく深い世界のようです。

 

 

 

 

 

 

○○に注目!馬とコミュニケーションを取るには?

 

きたいさんが好きなのは、馬の首元。草食動物の馬は警戒心が強く、近づかれることを嫌がる馬もいます。視覚だけではなく、においや声でわかることもあり、名前を呼びながらゆっくり近づくのがコツ。そうして近づける関係になると、親愛の情を示すために馬は人を軽く噛むことも。軽く、と言っても大きな動物なので、あざだらけになるそうですが、それもうれしい勲章です。馬の体の中で、気持ちが一番現れる部分があるそうです。それは耳。「耳を絞る」という言葉があるそうですが、耳はレーダーの働きをし、興味がある方向に耳が向くそうです。馬は人に癒しを与えてくれます。乗馬や馬の飼育を通じて精神の健康と運動機能を向上させる「ホースセラピー」というものがあるほど。きたいさんは、ホースセラピーのNPOの理事も勤めています。

 

 

おしゃべりを楽しみに、買い物はついでに?ファンに愛されるブランド

 

新型コロナウィルス流行により機会は激減してしまいましたが、イベント出店は重要な主な販売チャンネルであり、お客様とのコミュニケーションの場。出店先は、乗馬クラブ関係や、競馬場、ほかには手作り系のイベントなど。競馬場では「ここで買ったら勝ったから、また買うよ。」などと楽しい会話が進みます。きたいさんは、「私と話をするために来て下さるお客様が多いです。ものはついでに買っていく、というくらい。」と笑われます。馬好きは周りになかなか理解されないので、きたいさんと好きな話を思い切りするのが楽しみで仕方がないとのこと。きたいさんによると、馬は「干支買い」される珍しい動物だそう。ほかの干支は、自分の干支だからと言って、そのモチーフの小物を買う方はあまりいませんが、午年の方は自分の干支に愛着を持っている方が多いようです。馬蹄をはじめ、馬は幸運のモチーフでもあるので、その美しさとともに、身近に持っていたいアイテムのようです。ネットでは北海道や九州など、馬が身近な地域で購入される方が多いのも特徴的。毎月買われるリピーターも多く、きたいさんは、そういった方に満足していただけるよう、常にアップデートしていくことに心掛けています。

 

 

きたいさんが目指す、馬が生きやすい世界

 

きたいさんはなぜそこまで馬のために頑張るのか?きたいさんが商品を通して目指すのは、「馬の地位向上」です。犬や猫に比べて、身近に触れることのできない馬。飼育にはお金もかかり、引退競走馬は、乗馬やセラピーホースに回ることもありますが、多くの馬が処分されてしまう現実があります。商品やイベントを通じ、馬の認知を広げることは、馬の生きる道を広げることにつながるのです。

カタルスペースに期待するのは、新たな出会い。馬好きばかりにアプローチしていたら、馬の認知は進みません。「馬刺しを出すお店はちょっとコンセプトが合わないのですが」と笑いながらも、「基本的にどんなお店でも、興味を持っていただけるなら、ぜひ置いてください!」と。

愛情いっぱいのきたいさんの馬雑貨、きたいさんの巻き込み力がお客様にもきっと届きますよ!

商品を展示している店舗は...

ドコモショップ岐阜長森店 [ドコモショップ:岐阜県岐阜市]

この店舗を見る