バランス良く飲み飽きしない、名水仕込みの地酒を醸しつづける[榮川酒造株式会社:福島県耶麻郡磐梯町]

ホーム > 技術を極める > バランス良く飲み飽きしない、名水仕込みの地酒を醸しつづける[榮川酒造株式会社:福島県耶麻郡磐梯町]

バランス良く飲み飽きしない、名水仕込みの地酒を醸しつづける[榮川酒造株式会社:福島県耶麻郡磐梯町]

榮川酒造

専務取締役 宮森 優治様

 

風光明媚な磐梯町に酒蔵を構え、福島県で圧倒的な知名度を誇る日本酒が『榮川』。

榮川酒造専務取締役の宮森優治さんに、榮川酒造が大切にしている酒造りへの思い、そして最近は地元のみならず日本各地にファンを増やしているという『榮川』の味わいについてお話をうかがいました。

 

地元で愛される酒を作り続けていくという気概

 

「うちが造るのはほんとうに<地酒>なんです」と宮森さん。できるかぎり地どれの原料を使い、土地の食べ物と相性が良く、地元の人たちの口に合う味に醸した日本酒、それが『榮川』なのだそう。

そして酒造量の制限が行われた時代にも決して品切れにすることがないよう身を削って地元の人々のために酒を造り続けてきたからこそ、広く福島で認知される酒になったといえるでしょう。

「地元のための地酒だからといいましたが、それは地元に支えられて生きているお酒ということでもあるのです」という宮森さんの言葉が心に響きます。

 

現在もできるだけ地元産でという思いは変わらず、元々酒造好適米を作る農家が少ない会津で、気候風土が似ている長野生まれの品種「美山錦」を栽培してもらい、それを使った大吟醸酒も造りはじめています。「これで鑑評会の賞が常時取れるようになれば本当にうれしいんですけどね」と宮森さん。

 

まろやかで飲み飽きしないおいしさをつくる磐梯の名水

 

榮川酒造の酒造りと切っても切れない関係にあるのが日本名水百選のひとつでもある「龍ヶ沢湧水」です。既に地酒として確固たる地位を築いていた『榮川』でしたが、より良い水を求めて会津周辺を探索していた榮川酒造の5代目宮森久治氏は、この水に出会ったことで、蔵の移転を決意。榮川酒造は平成元年に磐梯山西山麓の現在地に移転します。それほど「龍ヶ沢湧水」は、榮川酒造が目指す酒造りに適した水だったのです。

 

「龍ヶ沢湧水は軟水の中でも特に柔らかい水で、そのまま飲むと甘やかに感じます。そしてこの水を仕込みに使うと穏やかに発酵するんですよ」と宮森さん。『榮川』は辛口に造られた商品でもカドが立つ感じがせず飲みやすいこと、そして全銘柄に共通する心地よい口当たりは、ひとえにこの水によるものだそう。

「飲みやすさは食べ物との合わせやすさにもつながります。『榮川』は食卓という舞台で活躍する名脇役といったところでしょうか」。食中酒である前に個性を主張する日本酒が増えてきている中、宮森さんのこの誇らしげな言葉は、『榮川』という日本酒が目指している幸せな風景を如実に感じさせてくれました。

 

ひとの五感を駆使して創り出す絶妙のバランス

 

榮川酒造が目指しているのは、甘・酸・辛・苦・渋の<五味>のバランスがとれた飲み飽きしない日本酒。そして日常にある日本酒としていつも同じ味わいを提供していきたいと考えているそうです。

そのためには伝統的な開放タンクでの仕込みが欠かせません。

「日本酒の発酵メカニズムは完全に解明されているわけではないんです。もちろんデータを基にしてマニュアル通りに造ることもできるのですが、それで完全にいつも同じものができるかというとそうでもなかったりする。いつも同じ味わいにするためにはやはり人間の経験値とか感覚値とかを活用して補っていく必要があると思います。実際の例でいうと、もろみの状態を人間が判断していくということ。開放タンクであれば、泡の様子が一目でわかるし、香りのニュアンスもしっかり感じられる。機械ではなく人の手で攪拌することでもろみの重さを感じ取ることもできます。このように人間の五感を駆使して微調整していくことで<いつも同じおいしさ>を作っていけると考えているのです」

手作りの味というと毎回違っても仕方ないように感じられがちですが、いつも同じものを造るために手作りする-榮川酒造の地酒への思いがここにも詰まっています。

 

***

「今年はまだほんの少ししか絞っていませんが、とても良いお酒が絞れています。期待してください!」と宮森さんは太鼓判。

さいごにカタルモールに出品されているお酒についてそれぞれの特長とおすすめの飲み方をおうかがいしました。

 

○AIZ’S-EYES

2018年に会津の7つの蔵から生まれた日本酒の統一ブランドです。ラベルデザインは同じですが、中身は蔵ごとに異なります。榮川酒造のAIZ’S-EYESは、やや辛口・すっきりタイプの純米吟醸酒。食中酒として楽しめるよう吟醸香を強くしすぎず、冷やして飲むとすぅっと軽やかなのど越しが楽しめ、白身の刺身や貝類に良く合います。

「コハク酸の旨味が強い貝類ともケンカしませんし、個人的にはこの酒の後口にほのかに香るカカオのようなほろ苦さが塩焼きにした鮎やサンマなどのはらわたの部分に抜群に合うと思っています」

 

○純米吟醸 Go Beyond

純米吟醸なのにこの価格!?と驚いた方は、実際に飲んでみるとより一層驚くことになるでしょう。Go Beyond(超えてゆく)の名の通り、価格を超えた旨さが楽しめます。

「日本酒が得意ではない方にも日本酒に親しんでいただきたいとの思いから、手頃な価格の純米吟醸酒を造りました。吟醸ならではの華やかな香りとまろやかな飲み口は、和洋中、普段のおかずにも合わせやすいですし、スナック菓子と一緒に楽しんでもらっても。そんなデイリーユースの純米吟醸なんです」

 

○純米大吟醸 榮四郎

創業者の名前を冠した榮川酒造最高グレードのお酒「榮四郎」は、毎年様々な賞を受賞しています。大吟醸ならではの優雅な香りと品の良い甘みに包まれて旨さの余韻がたなびくぜいたくな味わいの日本酒です。

「会津で栽培してもらっている酒造好適米「美山錦」だけを使った榮川酒造だから作れる純米大吟醸です。大吟醸でありながら、米の味がしっかり感じられ、ふくらみのある旨味を楽しんでいただけます」