社会課題に木工を通してアプローチ ノクターレ [TS産業:岐阜県高山市]

ホーム > SDGsに貢献する > 社会課題に木工を通してアプローチ ノクターレ [TS産業:岐阜県高山市]

社会課題に木工を通してアプローチ ノクターレ [TS産業:岐阜県高山市]

山に囲まれた岐阜県飛騨地方は、昔から「飛騨の匠」と呼ばれる名工たちが多く存在しました。

Nokutare(ノクターレ)は、その技術と心意気を現代に伝える木工ブランド。運営するTS産業代表の塩谷英雄さんにお話を伺いました。

 

 

ノクターレとは?

 

ノクターレの語源は「のくたい」(飛騨の方言で「温かい」の意)と、「インヴェンターレ」(イタリア語で「創りだす」の意)を組み合わせた造語。「ぬくもりを創り出す」ことをコンセプトとしたブランドです。

ノクターレが工房を置く高山市は飛騨地方の中心として、様々な伝統技術が受け継がれています。中でも漆塗りの飛騨春慶塗と、彫刻の一位一刀彫は、豊富な木材を利用した、飛騨を代表する匠の技として知られています。

ノクターレは、これらの伝統技術を現代的なデザインに取り入れたオリジナルブランド。シンプルな中に、確かな技と木のぬくもりが生きる、毎日の生活に取り入れやすい製品となっています。

 

 

お客様の要望をかなえることと、木を通して問題提起すること

 

塩谷さんの製作パターンは、大きく分けて二つ。

一つ目は、お客様の依頼を受け、形にしていくこと。お客様の「こういうものを木で作ってほしい」という漠然としたイメージをベースに、用途や使う状況、環境を聞き、職人としての提案をしていきます。塩谷さんが目指すのは、お客様の要望そのままを作るのではなく、プラスアルファ、自分が思っていたより良いものを提供すること。この場合は、デザインや用途ありきで、それに合った木を探します。まさに「適材適所」。こういった製作活動は、結果が分かりやすく、評価してくれる人がいるので、やりがいがある、と言います。

もう一つは、自分が感じる社会課題に、木工を通してアプローチすること。代表的なのは杉のスツールです。戦後進んだ杉の植林。しかし、後継者不足や輸入木材との競争により、多くの杉林は放置されています。密になって育った杉は根が張らず、地盤が弱く崩れやすく、豪雨の際は山が崩れ、川になだれ込み、洪水などの災害にも繋がっています。こういった地元の問題に光を当てるための制作活動と言えます。

この作業は、ゼロからのスタート。自分の感じたことをどうやって木に落とし込むか、時間もかかり、採算に合うかもわからない。また、杉は柔らかく、通常家具で使う広葉樹木材の接手では構造を支えることができない。そんな課題をどう解決するか?四六時中、頭の中でぐるぐる悩み続ける、苦しい作業。その分、方向性が見えてきたとき、打開策が見つかったときはたまらなく楽しく、作業も進むと語ります。

 

 

家族の成長を見つめた時計との再会

 

塩谷さんがお仕事をする上で大切にしていることを伺うと、「真摯に向き合うこと。頼まれたことにはプラスアルファを提供し、納得のいくところまで突き詰めること」と答えられました。

ショールームでお客様と接することも多く、実際に使った声を直接聞けるのは大きな喜びです。ある時、こんなエピソードがありました。7年前に壁掛け時計を購入されたお客様が来店。「時計の針の向きが悪くなったので、直してほしい」という依頼でした。その時計は、娘さんが生まれたときに記念に買われたもの。その7歳になった娘さんが、お部屋で遊んでいたボールが時計にぶつかった、というのです。塩谷さんは、お買い上げいただいた時のことも覚えていたので、自分の作った時計が、お子さんの成長を見つめながら大切に使われ、時を経て再会できたことに感動。針を交換して、また家族のもとに帰っていく様子に、改めて仕事の良さをしていることを実感されたそうです。

 

 

写真=伝えたいメッセージの確認

 

ノクターレを運営するTS産業のメンバーは、塩谷さんご本人と、お父様、そして奥様の3人。製作から、展示会出展、交渉、ホームページやSNS運営まですべて自分たちで行います。

ホームページを見て感じるのが、写真の美しさや製品のわかりやすさ。シダーベース(杉の花器)の美しい木目や、珍しい木製のヘッドフォンは使い方も、コンサートホールで音楽を聴くように耳に広がる音の世界も、見る側の想像が膨らむものばかり。これらの撮影は、すべて自分でされているというので驚きです。

写真を撮る作業は、「自分が伝えたいと思うことにピントが合っているか、ぱっと見たとき製品に込められた思いが伝わるかどうか」を確認する作業でもあると語ります。プロに頼めばいい写真は撮ってもらえるが、作品のメッセージを伝える感覚を失ってしまう、といいます。「お金がないから、というのがほんとのところですけどね」と笑いながらも、ほかの製品のウェブサイトや見せ方を研究し、その感覚を養い続けているそうです。

 

塩谷さんが目指すのは循環型社会。特に杉を使った木工表現は、お金になるかわからないけれど、方向性としては間違っていないという実感があるそうです。単純に趣味趣向や採算重視で作るのではなく、無駄なものは作らず、次の世代が住みやすい世界を作ることが、木に関わる職人としての大きなテーマです。

カタルスペースは、展示いただく店舗様も、販売店とは違い、興味・共感をベースに、作り手の表現された世界をご紹介いただくことができます。塩谷さんも今までにはない売り方、見せ方なので、エンドユーザーの声が近くで聞ける点で、楽しみにしてくださっています。

今回紹介した商品は...